SNSフォローボタン
みるくをフォローする

【トレードスタイル別】ドル円取引におすすめのFX口座比較【FX:USD/JPY】

資産運用

こんにちは、ケンサくんです。

FX(外国為替証拠金取引)をするうえで多くの日本人はドル円(USD/JPY)の取引を始める方が多いと思います。

これまでFXをするための口座をまとめたサイトはいろいろありますが、特定通貨限定のおすすめサイトはほとんどありません

今回はドル円に注目し、ドル円の取引に適したFX口座をトレードスタイル別にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

FXのトレードスタイル


FXのトレードスタイルはそれぞれのトレーダー個人の性格、向き・不向き、専業か兼業かによって変わってきます。

トレードスタイルには以下のようなスタイルがあります。

自分に合ったトレードスタイルを確立しましょう(・∀・)

トレードスタイル 取引間隔 利益の上げ方 重要事項
スキャルピング 数秒〜数分 為替差益 スプレッドの狭さ

損切り

デイトレード 数時間〜1日 為替差益 スプレッドの狭さ

損切り

スイングトレード 数日〜数週間 為替差益+スワップポイント スワップポイント

証拠金維持率

長期トレード 数ヶ月〜数年 為替差益+スワップポイント スワップポイント

証拠金維持率

スキャルピング

スキャルピングとは1日のうちのごく短い時間帯で取引を完結させる手法です。

取引は人によって違いますが、一般的に数十秒から数分の間に売買して数pips〜十数pips程度をとることを目指す手法です。

スキャルピングはチャートの1分足5分足を見ながらエントリータイミングをはかります。

スキャルピングで重要なのは損切りで、自分のイメージと違う値動きをした場合、早めに撤退した方がよいです。損切りが適切にできれば大きな損害にはなりません。

スキャルピングは取引回数が多くなるため、「スプレッドが狭い」ことと「約定力が高い」ことがFX口座選びに重要です。

あと、スキャルピングは業者のサーバーに負担をかけるため推奨していない業者もあります。ですのでやはりスキャルピング公認の口座で取引する方がよいと思います。

デイトレード

デイトレードはスキャルピングよりももう少し長くポジションを持ち、1日のうちに決済するトレード手法です。

チャートの15分足1時間足を見ながらエントリータイミングをはかり、1日のうちにせいぜい1〜数回売買して十数pips〜百pips程度取ることを目指します。

スキャルピング同様、デイトレードでも損切りは重要で、大きな損失を出さないようにしましょう。

「スプレッドが狭い」FX口座の方が多少有利ですが、スキャルピングほど気にしなくてもよいと思います。

1日のうちに決済するので、マイナススワップポイントも気にする必要はないため基本的にどの口座を使用してもよいと思います。

スイングトレード

スイングトレードは数日〜数週間ポジションを持って大きく利益を取る方法です。

日中別の仕事をしていてチャートに張り付いていられない兼業トレーダー向きの取引手法といえます。

1日のうちにエントリーポイントがこない日も多く、狙ったエントリーポイントに指値注文を入れる方も多いです。

チャートの4時間日足を見ながらエントリータイミングをはかり、1回のトレードで数百pips〜数千pips程度取ることを目指します。

スイングトレードでは数日〜数週間ポジションを持つため、スワップポイントのことも考慮しなければいけません。

特にマイナススワップポイントの大きいFX口座はあまりスイングトレード向きではありません。

長期トレード

長期トレードは数ヶ月〜数年にわたってポジションを持ち続ける手法です。

チャートの週足月足を見ながらエントリータイミングをはかり、1回のトレードで1000pips以上取ることを目指します。

長期にわたって保有するため、証拠金維持率を高くして低Lotでエントリーすることをお勧めします。

長期トレードは為替差益とスワップポイントの両取りができるのがメリットで、スプレッドを気にする必要はなく、むしろスワップポイントを考慮した方がよさそうです。特にスワップポイントの大きなFX業者を選びたいところです。

スイングトレード同様、マイナススワップポイントの大きいFX口座はあまり長期トレード向きではありません。

トレードスタイル別のおすすめFX口座(ドル円限定)


それでは今回はドル円(USD/JPY)限定でそれぞれのFX口座について比較してみました。

スプレッドやスワップポイントの根拠データをリンクとして貼っておきました。

データは2020年9月29日のものを使用しました。

FX口座 スプレッド(*1) 買スワップポイント(*2) 買売スワップポイントの絶対値差

(|売|/|買|)

(*3)

スキャル デイトレ 長期・スイング
JFX 0.2銭 0.2円/1000通貨 41.5倍
ヒロセ通商 0.2銭 0.2円/1000通貨 41.5倍
SBIネオモバイル証券 0.0銭(*4) 6円/1万通貨 1.5倍
SBI FXトレード 0.09銭(*5) 0.0007円/1通貨 1.4倍 ✖️
DMM FX 0.1銭 7円/1万通貨 1.4倍 ✖️
FXTF 0.1銭 20円/10万通貨(標準コース) 40.3倍 ✖️
外為どっとコム 0.2銭 6円/1万通貨 5.2倍
セントラル短資FX 0.2銭 10円/1万通貨 8倍
楽天FX 0.2銭 4円/1万通貨 9倍
FXブロードネット 0.2銭 4円/1万通貨 10倍
YJFX! 0.2銭 6円/1万通貨 3.5倍
IG証券 0.2銭 4円/1万通貨 8.5倍
FXプライムbyGMO 0.3銭 3円/1万通貨 6倍
マネーパートナーズ 0.3銭 1円/1万通貨 46倍
OANDA Japan 0.3銭 10円/1万通貨(東京サーバー) 3倍
外為ジャパン 0.1銭 7円/1万通貨 1.4倍
LINE FX 0.1銭 10円/1万通貨 1.6倍
GMOクリック証券FXネオ 0.2銭 6円/1万通貨 1.5倍
LIGHT FX 0.2銭 5円/1万通貨 1.4倍
みんなのFX 0.2銭 5円/1万通貨 1.4倍

*1)相場状況によって変動する可能性がある。

*2)日々変動する可能性があります。

*3)買いと売りのスワップポイントの絶対値をとり、売りのスワップを買いのスワップで割った値。売りのスワップが買いのスワップが何倍違うかを示す。日々変動する可能性があります。

*4)SBIネオモバイル証券は500通貨までスプレッド0.0銭。

*5)SBI FXトレードは1000通貨までスプレッド0.09銭。

スキャルピング向きFX口座

MATRIX TRADER 外国為替証拠金取引
スキャルピングは「スプレッドの狭さ」と「約定力の高さ」が重要です。

スキャルピング禁止の口座で、スキャルピングばかりすると口座凍結されるという話を聞いたことがあるので注意が必要です。

そういう意味ではスキャルピングを公認しているJFXヒロセ通商で取引した方が安心です。

私も実際に使用していて、JFXのMATRIXTRADERとヒロセ通商のLION FXはエントリーや決済の取引ツールが使いやすくおすすめできます。

また、キャンペーンに申し込めばキャッシュバックや取引Lot数に応じて食品をゲットできるので食費がかからなくなり、楽しくFXができます。

デイトレード向きFX口座

スプレッド訴求
USD/JPYに関して言えばどの口座もスプレッドが0.1〜0.3銭と狭く、デイトレードをするのであればどの口座でもよいと思います。

ただしマイナススワップの大きいFX口座もありますので、デイトレードをすると決めたのなら持ち越さず、その日のうちに決済した方がよいです。

もし初心者でFXに自信がなくて少額から取引したい場合はSBIネオモバイル証券がおすすめです。

SBIネオモバイル証券は1通貨から取引でき、500通貨までスプレッドが0.0銭で、さらにTポイントを使用してFX取引ができるためまさに初心者向けといえます。

【SBIネオモバイル証券】FX口座開設

もうひとつのおすすめ口座はDMM FXで、スプレッドが0.1銭と狭く、取引ツールも使いやすいため私もデイトレードによく使用しています。またDMM FXはスワップポイントも高く、プラスとマイナスのスワップポイント差が小さく、長期・スイングトレードに使用してもよいFX口座だと思います。



スイングトレード・長期トレード向きFX口座




スイングトレードや長期トレードをする場合はスワップポイントを無視できません。

USD/JPYであればほとんどの口座で買い(ロング)で入ればプラススワップポイントがつきます。

ですので、スイングトレード・長期トレードで買い(ロング)しか入らない場合はスワップポイントの高いFX口座を使えばよいことになります(ただしスワップポイントは変動します)。

しかし、スイングトレード・長期トレードで買い(ロング)も売り(ショート)もする場合はマイナススワップポイントとプラススワップポイントの差が小さいFX口座が望ましいです。

そのようなFX口座には外為ジャパンFX、LINE FX、GMOクリック証券FXネオ、LIGHT FX、みんなのFXなどがあります。

スイングトレード・長期トレードでは不測のロスカットを避けるために証拠金維持率を高くしておく必要があるため、1000通貨からの少ないLot数で取引できる外為ジャパンがおすすめです。

LINEFX04
また、最近ではLINE FXも大変興味深いFX口座です。10000通貨からの取引になってしまいますが、LINEで約定などの通知がくるため、普段LINEを使い慣れている方にはおすすめです。

長期トレードだと取引画面を自分で開かなければ約定したかわからないですが、LINE通知されれば約定情報を見逃さないので便利です。

まとめ

FX口座はトレードスタイルによって複数の口座を使い分けることが望ましいです。

あくまで客観的な数字で判断した私見ですが、それぞれの手法に適したFX口座は以下の通りです。

スキャルピング向きFX口座:スキャルピング公認のJFXとヒロセ通商がおすすめです。
デイトレード向きFX口座:おおむねどのFX口座でもよい。なかでも初心者であればSBIネオモバイル証券やDMM FXがおすすめです。
スイングトレード・長期トレード向きFX口座:マイナススワップポイントとプラススワップポイントの差が小さい外為ジャパン、LINE FX、GMOクリック証券FXネオ、LIGHT FX、みんなのFXがおすすめです。

今回は以上になります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

長くなりましたが以上です。

ではまた!

コメント