SNSフォローボタン
みるくをフォローする

【長期は上昇だが・・・】2021年からゴールドは中期的な下落トレンド入りか?【コモディティ:Gold】

資産運用

こんにちは、ケンサくんです。

本日はゴールド(Gold)のテクニカル的な相場分析をTradingViewを使用して行いたいと思います。

TradingView – すべての市場を追跡
世界中の人々が市場をチャート化して、チャット、トレードを行う場所です。トレーダーと投資家の為のスーパーチャートプラットフォームとSNSを提供しています。ご登録は無料です。

Goldはコモディティとして株や債券とは違った値動きをするため、ポートフォリオの一部に入れることが推奨されます。

それでは、月足→週足→日足の順にどのようなトレンドが見られるのか見てみたいと思います。

Goldの月足チャート


こちらはGoldの月足チャートです。

Goldは1980年代から緩やかな下落トレンドでしたが、2002年頃から上昇を始め、2003年に200SMA(白色)をブレイクしてから一気に上昇しました。

この上昇は2011年まで続きましたが、その後ダブルトップを形成して下落してしまいました。

その後横ばいが続き、2019年から再び上昇して現在に至ります。

これまでのチャートから上昇する平行チャネル(緑色)を引くことができます。

現在この平行チャネル(緑色)の上限にタッチして下落しています。

あまり上昇の余地がないため中期的にしばらくは下落か横ばいが続くとみています。

長期的にGoldは上昇トレンドだが、現在平行チャネルに反発し下落中。

Goldの週足チャート


こちらはGoldの週足チャートです。

月足レベルの上昇する平行チャネル(緑色)に加えて、週足レベルでは2011年から始まる下落する平行チャネル(赤色)が引けます。

この下落トレンドは2018年まで続いていましたが、平行チャネル(赤色)をブレイクアウトし今度は床として機能し、200SMA(白色)での反発もあり、Goldはさらに急上昇しました。

月足での分析と同様に、平行チャネル(緑色)の上限にタッチして下落しています。

中期的にしばらくは下落か横ばいが続くとみています。

Goldはあまり有効な水平線を引ける箇所が見当たらず、なかなか分析しにくいです。

中期的にしばらくは下落か横ばいが続くと予想。

Goldの日足チャート


こちらはGoldの日足チャートです。

日足レベルでは2019年夏頃から急激な上昇トレンドが開始し、現在に至ります。

チャートから上昇する平行チャネル(太緑色)を引くことができ、コロナショックで一旦平行チャネルを割ったものの200SMA(白色)で反発し、大暴騰しました。

現在、日足レベルの上昇する平行チャネル(太緑色)の下限付近に近づいており、そこから反発して短期的には上昇して再び月足レベルの平行チャネル(緑色)に近く可能性はあります。

日足レベルの上昇する平行チャネル(太緑色)を割って下落した場合は、下落トレンド入りとみなしたほうがよさそうです。

短期的にGoldは上昇余地はあるが、短期平行チャネルを割った場合下落トレンド入り。

まとめ

まとめますと以下のような状況だと思います。

月足・週足レベル:上昇トレンドだが反発下落中

日足レベル:上昇トレンド中だが、平行チャネルを割ると下落トレンド入り

短期的にはポジション量を減らす必要があるかもしれません。

今回は以上になります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

以上です。

ではまた!

コメント