SNSフォローボタン
みるくをフォローする

【2020年10月】ケンサくんによる為替15通貨ペアの月足相場分析【FX編】

資産運用

こんにちは、ケンサくんです。
本日は月初めで9月の月足が確定しましたので、2020年10月1日現在の様々な為替ペアにおける月足レベルでの相場分析をしたいと思います。

紹介はアルファベット順となります。

チャート分析はTradingViewを使用しています。

TradingView – すべての市場を追跡
世界中の人々が市場をチャート化して、チャット、トレードを行う場所です。トレーダーと投資家の為のスーパーチャートプラットフォームとSNSを提供しています。ご登録は無料です。

豪ドル円(AUD/JPY)の月足


長期的にAUD/JPYは上は100円、下は60円の範囲でレンジとなっています。

現在、月足で下降する平行チャネルの上限にタッチして下落中です。平行チャネルをブレイクしない限り売り優勢になりそうです。

豪ドル米ドル(AUD/USD)の月足


AUD/USDは長期上昇トレンドでしたが、平行チャネル(緑色)を下にブレイクして現在下降トレンド中です。

平行チャネルの上の位置にあるため売り優勢になりそうですが、買いにも動けるため様子見といった感じでしょうか。

カナダドル円(CAD/JPY)の月足


CAD/JPYは長期的にレンジで、比較的安定的な通貨ペアです。

現在、三角形(紫色)の先端に位置し、数ヶ月後に大きくブレイクする可能性があります。

74.7円付近に水平線(水色)があるため下にブレイクしても反発しそうです。

水平線(水色)付近にきたら買いを入れてもよいかもしれません。

スイスフラン円(CHF/JPY)の月足


CHF/JPYは長期上昇トレンドです。

反発している水平線(水色)が4本引けて、一番上の水平線(水色)にタッチして下落中です。

また平行チャネル(緑色)の中央付近にも位置しており、反発下落する可能性があります。

総合的に一時下落すると思われます。

ユーロポンド(EUR/GBP)の月足


EUR/GBPは長期上昇トレンドで現在平行チャネル(緑色)の中央にタッチして反発上昇中です。

上には水平線(水色)があり、まずはこの狭い範囲のレンジになるのではないでしょうか?

EUR/GBPは全体的にかなり高い位置にあるため、その後下落することを考える必要がありそうです。

ユーロ円(EUR/JPY)の月足


EUR/JPYは長期的にはレンジで、現在三角形(紫色)の先端に位置しています。

上下どちらかにブレイクを期待されますが、上には200SMA(白色)、下には114.5円付近に水平線(水色)を控えており、どちらに一旦ブレイクしてもすぐに戻る可能性がありますので注意が必要です。

ユーロドル(EUR/USD)の月足


EUR/USDは現在下降する平行チャネル(赤色)の上限にタッチして反落中です。

また、三角形(紫色)の上限でもあり、上にブレイクしないのであれば今後下降することが予想されます。

上にブレイクしても200SMA(白色)がありますのですぐ戻されるかもしれません。

ポンド豪ドル(GBP/AUD)の月足


GBP/AUDは現在下降トレンドで、下降する平行チャネル(赤色)や200SMA(白色)にタッチして下落中です。

今後も下落することが予想されますが、上昇した場合、200SMA(白色)で売りを考えたいペアです。

ポンド円(GBP/JPY)の月足


GBP/JPYは下降する平行チャネル(赤色)の中央位置にあり、上下どちらにも動く可能性があります。

ボラティリティが高く、ロットを少なくするか、早めの損切りが必要になってきます。

三角形(紫色)をブレイクするにはもう少し時間がかかるかもしれません。

ポンド米ドル(GBP/USD)の月足


GBP/USDは現在2つの下降する平行チャネル(桃色と赤色)が引けます。

平行チャネル(赤色)の上限にタッチして下落していますが、平行チャネル(桃色)では下限に近く、今後どちらの下降する平行チャネルが優先されるか注視していきたいと思います。

200SMA(白色)が収まっていることを考えると、平行チャネル(桃色)が優先されることを想定し、平行チャネル(赤色)を上にブレイクアウトしたらロングの検討をしたいと思います。

メキシコペソ円(MXN/JPY)の月足


MXN/JPYは高金利新興国通貨であり、スワップポイントは魅力的です。

しかし、超長期には下降トレンドなので、短・中期なスイングトレードで上昇しそうなトレンドが出れば狙っていきたいですね。

三角形(紫色)を上にブレイクアウトした場合、少し取引してもよいかもしれません。

ニュージーランドドル円(NZD/JPY)の月足


NZD/JPYは長期的にAUD/JPYと同様、上は94円、下は44円の範囲でレンジとなっています。

現在下降トレンドで、平行チャネル(赤色)の上限にタッチして反落中です。

このまま下落することが予想されるペアです。

ショートを持っていれば60円付近の水平線(水色)あたりで利確したいですね。

トルコリラ円(TRY/JPY)の月足


TRY/JPYはMXN/JPYと同様に高金利新興国通貨であり、スワップポイントは魅力的です。

しかし、かなりはっきりとした下降トレンドで、現在平行チャネル(赤色)の上限付近であり、ここからの上昇はなかなか難しいのではないかと思います。

もし、平行チャネル(赤色)の上限をブレイクアウトして上昇ドレンドが発生したらロングエントリーを考えてもよいかもしれません。あくまで自己責任となりますが。

米ドル円(USD/JPY)の月足


USD/JPYは日本人がもっとも取引しており、近年はなかなか動かない通貨ペアです。

ただ、三角形(紫色)の先端付近に位置しており、数年後大きなトレンドが発生する可能性があります。

USD/JPYは104円や101円でよく反発しますので、200SMA(白色)もあるため、104円に近づけばロングエントリーを検討してもよいと思います。

南アフリカランド円(ZAR/JPY)の月足


ZAR/JPYはMXN/JPYとTRY/JPYと並ぶ3大高金利新興国通貨です。

現在、三角形(紫色)の先端付近に位置しており、平行チャネル(赤色)の下限付近でもあります。

長期下降トレンドですが、もし三角形(紫色)の上にブレイクアウトしたら短・中期的にスワップポイント狙いのロングエントリーが狙えるかもしれません。

まとめ

今回注目すべき通貨ペアはAUD/JPY、CHF/JPY、EUR/USD、GBP/AUD、NZD/JPYあたりでしょうか。

チャート的にこれらは今後全て売り優勢になりそうな予感がします。

今回は以上になります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

以上です。

ではまた!

コメント