SNSフォローボタン
みるくをフォローする

【誰でもできる】PowerPointへ音声を簡単に録音する方法【プレゼン用】

便利ツール

こんにちは。
新型コロナウイルスの影響でリモートワークを経験した方も多くいると思います。
私も今年は臨床検査の学会や勉強会に直接参加できず、リモートでの参加をしています。
今回は簡単なMicrosoft PowerPointへの音声録音方法を紹介したいと思います。

PowerPointへ音声を簡単に録音する方法

私が所有しているPCのPowerPoint2016を使用して紹介したいと思います。

始める前に以下のことを確認してください。
・入力マイクの有無(内蔵か外部接続か)
・マイクの音量設定
・PowerPointのバージョン(アカウントから確認できます)
・発表スライドの準備

1.設定


まず発表用スライドを準備して以下のように進めます。

① タブの[スライドショー]をクリックします。

② 次に[スライドショーの記録]をクリックします。

③ [現在のスライドから記録]または[先頭から記録]のどちらかをクリックします。

2.記録の開始


そうすると[スライドショーの記録]が表示されますので、[スライドとアニメーションのタイミング]と[ナレーション、インク、レーザーポインター]にチェックが入っていることを確認して[記録の開始]をクリックします。

[記録の開始]をクリックするとすぐに録音が開始されます。

3.録音


[記録の開始]をクリックすると図のような画面になり、マイクに向かってナレーションを録音してください。スライドも自身のタイミング[Enter]を押すことで進めることができます。また、一時停止もすることができます。

画面左上には記録中を示す画面が表示され、[現在のページの録音時間]と[全体の録音時間]が表示されますので、制限時間がある場合は参考にしましょう。

スライドを最後まで進めると自動的に録音が停止されます。

4.保存


スライドを最後まで進めると上図のようなスライド一覧画面になり、それぞれのスライドの右下に録音時間が表示されていることを確認してください。

最後に、スライドショーを再生してみて音声やタイミングに問題がなければ、[ファイル]→[名前を付けて保存]を押し、ファイル形式に[MPEG-4ビデオ]を選択して保存してください。

これで発表スライドのMP4ファイルが出来上がります。

まとめ

今回は簡単なPowerPointへ音声録音方法を紹介しました。

このように録画・録音した動画をTouTubeにアップロードすることもできます。今後もプレゼンする機会の多い方はぜひ覚えておいた方がよいと思います。

今回は以上になります。
ではまた!

コメント