SNSフォローボタン
みるくをフォローする

【下落トレンド】チャート的にドル円は下落する可能性が高い【FX:USD/JPY】

資産運用

こんにちは、ケンサくんです。

本日はドル円(USD/JPY)のテクニカル的な相場分析をTradingViewを使用して行いたいと思います。

TradingView – すべての市場を追跡
世界中の人々が市場をチャート化して、チャット、トレードを行う場所です。トレーダーと投資家の為のスーパーチャートプラットフォームとSNSを提供しています。ご登録は無料です。

月足→週足→日足の順に説明したいと思います。

USD/JPYの月足チャート


月足チャートはこちらです。

月足では三角形(橙色)内にUSD/JPYは収まっており、ここ数年は三角形の先端に収束しています。

今後、上か下に大きくブレイクする可能性があります

現在ちょうど200SMA(白)にタッチしており、ここから反発するかが注目です。

200SMAを下に抜けてしまっても、三角形の下のサポートラインと何度も反発している水平線(黄色)があるので、サポートはされると思いますが、ドル安の流れから抜いてくる可能性が高いと思います。

これらを下抜けしてしまうと100円割れも視野に入ってきます。

USD/JPYの週足チャート


週足チャートはこちらです。

週足では下向きの平行チャネル(赤色)と何度も反発している水平線(桃色)を追加しました。

ここ数年は下落トレンドで、平行チャネル(赤色)のまだ高い位置にあるため、まだ下げるかもしれません。

しかし、ちょうど何度も反発している水平線(桃色)にタッチしている状況ですので、ここからの多少の反発があるかもしれませんが、長期的には下落だと思います。

USD/JPYの日足チャート


日足チャートはこちらです。

日足では週足とは別の下向きの平行チャネル(赤色)を追加しました。

日足でも下落中であり、何度も反発している水平線(桃色)を割ってしまうと、平行チャネルの下限を目指して下落するかもしれません。

まとめ

まとめますと以下のような状況だと思います。

月足レベル:三角保ちあい。200SMAを下抜けするかにまず注目

週足レベル:下落トレンド

日足レベル:下落トレンド

これらより、今後円高になる可能性が高いのではないかと思います。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

以上です。

ではまた!

コメント