SNSフォローボタン
みるくをフォローする

【月足に注目】バンガード全世界株式ETF(VT)は月足で転換点にある【全世界株式:VT】

資産運用

こんにちは。
今回は全世界株式として有名なバンガード・トータルワールドストックETF(VT)のテクニカル的な相場分析をTradingViewを使用して行いたいと思います。

TradingView – すべての市場を追跡
世界中の人々が市場をチャート化して、チャット、トレードを行う場所です。トレーダーと投資家の為のスーパーチャートプラットフォームとSNSを提供しています。ご登録は無料です。

それでは、月足→週足→日足の順にどのようなトレンドが見られるのか見てみたいと思います。

VTの月足チャート


こちらはVTの月足チャートです。

VTは2009年から上昇する平行チャネル(緑色)を引くことができます。

コロナショックにより大きく株価が下落し、すぐに戻ったと考えると今後もこの平行チャネル(緑色)の範囲を推移していくのではないかと思います。

現在、この上昇する平行チャネル(緑色)の上限にタッチしており、下落を考慮しなければいけません。

ただ米国大統領選挙の影響でブレイクしてくることもありえますので注目です。

VTは長期的に上昇トレンドで、現在平行チャネルの上限にタッチしている。

VTの週足チャート


こちらはVTの週足チャートです。

コロナショックから順調に回復してきましたが、現在上昇する平行チャネル(緑色)の上限付近で停滞しています。

ここから新たな買い増しは控えて様子見をしたいですね。

VTは週足レベルで平行チャネル上限で停滞している。

VTの日足チャート


こちらはVTの日足チャートです。

日足レベルは週足と状況がほど同様に現在レンジで、再度上昇する平行チャネル(緑色)の上限付近に到達しており、様子見するのが良さそうです。

今後状況が変化した場合、また報告したいと思います。

VTは平行チャネル付近でレンジ。

まとめ

まとめますと以下のような状況だと思います。

月足レベル:長期的に上昇トレンド。平行チャネルの上限にタッチしている。
週足・日足レベル:反発下落のリスクがあるので様子見。

今回は以上です。
くれぐれも投資は自己責任でお願いします。
ではまた!

コメント