SNSフォローボタン
みるくをフォローする

【買い場?】アルトコインのリップルは過小評価されている【仮想通貨:XRP/JPY】

資産運用

こんにちは。

今回はアルトコインのひとつリップル(XRP/JPY)のテクニカル的な相場分析をTradingViewを使用して行いたいと思います。

TradingView – すべての市場を追跡
世界中の人々が市場をチャート化して、チャット、トレードを行う場所です。トレーダーと投資家の為のスーパーチャートプラットフォームとSNSを提供しています。ご登録は無料です。

それでは、週足と日足にどのようなトレンドが見られるのか見てみたいと思います。

XRP/JPYの週足チャート


こちらはXRP/JPYの週足チャートです。

週足ではリップルは下降トレンドで、曲線(赤色)に上値を抑えられています。また16円付近に水平線(水色)を引くことができ、現在それらの先端位置にあります。

今後上下どちらかにブレイクアウトすることが予想されますが、下値が限定されていますし、私は今後上にブレイクアウトするのではないかと予想しています。

最近、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインが世界決済最王手PayPalでの使用予定が報道されると爆上げしましたが、そのなかにリップルはありませんでした。

リップル社CEO「PayPalは仮想通貨の信条を失望させた」XRPの取り扱いもなし
【XRP取り扱いなし】 PayPalはアプリ内にて仮想通貨(BTC,ETH,LTC,BCH)の売買を始めると発表。 そんなPayPalに対しリップル社CEOは、仮想通貨界に参入することは素晴らしいと褒めつつも不信感をあらわにしている。

まだリップルの低迷が続くかもしれませんが、今後の上昇に期待して今のうちに購入しておくのもいい選択かもしれません。

中・長期的にXRP/JPYは下降トレンド。どこかで上にブレイクアウトすると予想

XRP/JPYの日足チャート


こちらはXRP/JPYの日足チャートです。

週足レベルでは現在200SMA(白色)の上にあり、上には曲線(赤色)があり上値が抑えられています。しばらくはこの間で推移しそうで、200SMA(白色)にタッチした段階で購入を検討してもよいかもしれません。

リップルもボラティリティがあるのでもう少し様子見した方がよいかもしれません。

しばらくは様子見。200SMA付近で購入検討してもよいかもしれない。

まとめ

まとめますとリップルは以下のような状況だと思います。

週足レベル:下降トレンド

日足レベル:レンジ

今後どこかタイミングで上にブレイクアウトすると考えられますので、今のうちに少しずつ買い増ししてもよいかもしれません。

今回は以上になります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

以上です。

ではまた!

コメント